自然治癒力と夢まくら

先日TVを見ていたら「花粉症」に関しての特集をやっていました。

体は正直で常に体に悪いと思ったものが入ると一生懸命それを出そうと機能するそうです。この理論では、花粉という症状も体が一生懸命汚物をだそうとしている証拠との事。という事は、花粉対策には花粉にコレが良い、アレが良いというものを探すでのはなく「体の免疫力を高める事がとにかく一番」という結論でした。

また面白かったのは、脳は信用しては駄目、一番信用出来るのは腸の機能だという事。脳はこれが食べたい、何々したいという信号を送っていますが、これらは大抵体の事を考えたものではないという事。

逆に腸は、体の状態を直ぐに教えてくれると。便秘だったり、下痢だったり、便の状態だったりこれから体の状態のシグナルという事みたいです。すなわち、体と状態というのは常にシグナルを送ってくれています。

そのシグナルを気づき、行動するのが自然治癒力を高める第一歩みたいです。
それでも、直ぐに生活を改善したり、食事を制限したり運動を開始するのは難しくないでしょうか?

ならば、お茶を飲むのは?

それも苦いお茶じゃなく、おいしいお茶です。急須に入れれば数秒で出来てしまいます。何事にも第一歩が重要です。その一歩を夢まくらで始めてみませんか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA